互助会のポータルサイトごじょクルは、大切なご家族を守るために、冠婚葬祭の積立やセレモニーのご準備をお手伝いをいたします。

  • 互助会を探す
  • 互助会資料請求

京阪互助センター

  • 豊富なプランで、あらゆる希望の実現に尽力する
サービスエリア
大阪府、和歌山県、山形県
  • トップ
  • 契約プラン
  • 葬儀サービス
  • 結婚サービス

千里玉泉院の支配人インタビュー

  • 千里玉泉院 支配人 江川 隆雄 さん
  • 故人の好きだったお料理やお花をあしらったお葬儀を
    千里玉泉院 支配人 江川 隆雄 さん

全てお客様中心の、親身なお世話がモットー

細かい情報収集が基本
葬儀を行なう方の事情は様々です。突然亡くなった方もいれば、長年病床に伏していた方もいらっしゃいますね。ご遺族はただ動揺し、何から手をつけていいのか分からない状態でいらっしゃることは誰でも変わりません。そのような中でも故人らしく、ご遺族様にもご満足いただける葬儀を行なう為には細かい情報を集めることがとても重要です。わたしたちはまず、詳細にお話をお聞きするところから始めます。
故人の好きなものをちりばめるサービスを
ここでは、お料理は調理部、お花は生花部といったように各部門に専門のスタッフがいます。お見積や打ち合わせの担当者が中心になってご遺族のお話をお聞きしますが、各部門の担当者も直接お話をしてご要望をお聞きするのが大きな特徴ですね。お通夜から葬儀が終わるまでの2日間は、故人の好きだったものをちりばめて、皆さんで様々な思い出を語っていただければと考えております。
調理場から作りたての温かいお料理と、故人の好物を
千里玉泉院には調理場を完備しておりますので、作りたての温かいお料理をお出しできるのも特長の一つです。調理部門の担当者がご遺族とお話をして、故人のお好きだったお料理や食材をお聞きし、精進おとしのお料理やご宿泊の際の朝食に取り入れるようにしています。例えばスイカが好きだったとか、ぜんざいが好きだったなどのお話があれば、そのの一品をつけるようにするといった具合ですね。その際は、同じお料理を祭壇にも献膳させていただいております。これは、私どもの気持ちとしてお出ししているものです。また、忌明けや一周忌の法要などで再度ご利用いただいた場合には、葬儀の時と全く同じ様に故人のお好きだったお料理をご用意するようにしています。「よく覚えていてくれた」と言って喜んでいただけた時は、非常に嬉しく思いますね。
祭壇だけでなく、控え室にも故人のお好きな花を
生花部では、故人のお好きだったお花をお聞きして祭壇に飾るのはもちろんのこと、ご遺族の控え室にもお花を飾ります。ただその際、こちらから一方的に生けて飾っておくのではなく、まずは何種類かお花をお持ちして、どのお花を飾りましょうかとお聞きしてから、その場で生けるのも私どもの特長です。ご希望のものが季節的にどうしても手に入らないこともありますが、そういった場合には色味だけでも故人のお好きなものにあわせて飾るようにしています。その他にも、故人のお好きだった音楽をタイミングをみて流すなどのアドバイスをさせていただくこともあります。

まずは「なげかけること」で希望を引き出す

「家族葬」の要望が増える傾向に
千里玉泉院のある吹田市千里地区はニュータウンなせいか、「家族だけで見送りたい」というご希望が増えてきたように思います。ただ、やはり主流は昔ながらの仏式ですね。どちらでもまずお客様のお話をお聞きして、「こういう葬儀にしたい」というご要望をできる限り実現するようにしています。
短い時間の中でもできるかぎりのサービスを
私は葬儀の仕事に関わる前には結婚式の仕事をしていました。結婚式と葬儀が大きく違うのは、準備にかける「時間」ですね。結婚式はそれこそ半年や1年も前から準備をしますが、葬儀は最短なら2日で全てのことを行なわなくてはなりません。ご遺族が「何をすればいいのか分からない」という状況の中で、できる限り希望を聞き出すにはまず「なげかけ」が大切です。「~はいかがですか?」と聞くことによって、色々な希望が出てくるものなのです。そういったお客様中心のサービスを心がけることで、結果として信頼感や安心感に繋がればと考えています。
親身なお世話に徹するあまりに涙することも
私たちスタッフは、葬儀ではお世話に徹しなくてはならないため、ご遺族の気持ちを察しながらもプロとして動かなくてはなりません。ただ小さなお子様の葬儀などは、何度経験してもやりきれないものがありますね。ご両親の気持ちを考えると、涙を抑えられない時もあります。祭壇飾りにもおもちゃや思い出の御写真を飾ってはどうかなどアドバイスをさせていただきますが、あまり深く立ち入らない方がいいこともありますので、これは何年この仕事に関わっても難しい問題ですね。

古き良き伝統と新しさを融合

地域とのコミュニケーションを大事に
また、総体的に大切なことは地域とのかかわりです。昔ながらの「互助の精神」をもち、地域の方々とのコミュニケーションをとってこそ、ご支持を得られるもの。そのため、無料見学会や説明会、「お別れ膳」などのお料理の試食会などを随時行っています。ぜひ、お気軽に、お越しください。
古き良き伝統のなかに新しい試みを
私どもの地域は、葬儀に関しては保守的な部分が多いですが、「良い風習」はできるだけ取り入れるように心がけています。その一環として、故人様が生前お好きだった音楽をBGMとしてお流ししたり、生演奏やビデオ上映も、ご希望にあわせて行っています。常に満足することなく、古き良き伝統を守るとともに新しい試みにもチャレンジしていきたいです。

まずは京阪互助センターの資料をご請求ください

無料資料請求はこちら
  • トップ
  • 契約プラン
  • 葬儀サービス
  • 結婚サービス

互助会を探す