終活Style ごじょクル

冠婚葬祭に関する豆知識など、
様々なお役立ち情報をお届けします。

powered by ごじょクル
  • Facebook
  • Twitter

新型コロナ影響下での葬儀や法要に対する宗派ごとの指針

2020年04月21日

新型コロナウイルスの影響に苦慮しているのは宗教者も同じです。信徒の来訪には自粛を訴え、祈りを捧げる行事のほとんどが中止になっています。宗教と密接な関係にある冠婚葬祭にも自粛が求められていいます。葬儀や法要に宗派としてどのような対応をしているのでしょうか。簡単に整理してみました。

 

仏教では全日本仏教会が、感染症予防対策を公式ウェブサイトで掲げています。また、いち早く指針を作成した真言宗豊山派の「法要時の新型コロナウイルス感染拡大を防止するための指針」を参考にしてほしいとして、掲載しています。

葬儀や法要に対して宗派としてどのように対応するのか、指針やガイドラインを定めて公開している主な宗派は次のようになっています。

真言宗(豊山派)

全日本仏教会が『参考に』としている、次の指針をどこよりも早く決定して、ウェブサイトで公開(4/2)しています。かなり具体的で分かりやすい指針となっています。

法要時の新型コロナウイルス感染拡大を防止するための指針

1. 法要時に檀信徒へマスク持参・着用を厳守してください。

2. 寺院職員の手洗い・手指消毒を厳守してください。

3. 入り口(玄関・本堂等)に手指消毒液を設置してください

*設置不可能な場合は石鹸で手を洗い、30 秒以上流水で流す

4. 法要参加者に手洗い・手指消毒を促してください。

5. 同日内に複数の法要を行う場合は、共同使用の部位・物品は 1 日複数回の消毒を行ってください。

重要連絡

6. 法要終了後の会食は避けてください。

7. 感染リスクを下げるために以下 3 つの「密」を避けてください。

① 換気の悪い「密閉空間」を避けるため、30 分に1度 5〜10 分程度の換気を行う。

* 換気が不可能な場所では法要を行わないこと。

② 多数の人が集まる「密集場所」を避けるために、収容の 50%以内の参加人数を上限とする。

* 法要参加者の間隔を 1 メートル以上確保する。

③ 間近での会話や発声をする「密接場面」を避けるために、対面による会話を可能な限り避ける。

* 法話を行う場合一定の距離(2 メートル以上)をあけて行うこと。この際、檀信徒はマスクを必ず着用とする。

8.上記事項を説明の上、不安を抱える檀信徒に対して、法要・通夜・葬儀の延期を提案してもよいでしょう。

日蓮宗

宗派内の各寺院宛に、感染により亡くなりになった人の葬儀、通常のご法要を執行する際のガイドラインを4/14に日蓮宗宗務院が通知しています。葬儀・法事・各種行事を行う際の指針は次の通りです。真言宗豊山派の指針とほぼ同一ですが、「遺族に寄り添うこと」「遺族が納得いく式にすること」を謳っていることに特徴があります。

1. 寺院や会館などは 3 密、「密閉空間」(換気の悪い密閉空間)」、「密集場所」(人が密に集まって過ごすような所)」、「密接場所」(近距離で会話などが行われる所)が起こりやすい場所です。愛媛県において、葬儀参列者の新型コロナウイルス集団感染を認めたとの報道もありました。

2. 施主(喪主)とよくお話合いをし、感染防止に努めながらも、お亡くなりになられた方を霊山に導き、ご遺族の悲しみに寄り添う儀式になるよう、納得がいく形での執行をお願い致します。

3. 本堂や会館などでは、可能であれば 2 方向の窓を同時に開け、十分な自然換気を心掛けて下さい。また、同時に扇風機などを使用し、空気の流れを促進させることが推奨されています。

4. 参列者にマスクの着用、手洗いやアルコール消毒等を促して下さい。座席やお焼香の間隔を十分開けるよう配慮して下さい(可能であれば目安は 2m)。

5. 儀式や法話時間などの短縮を、状況に応じてご考慮下さい。

6. 会食などは極力お控え下さい。

7. 洗面所や手すりなど、手がよく触れる部分は、60~80%消毒用アルコールや界面活性剤を含む住居用洗剤等で定期的な清拭をすることを検討し、洗面所などのタオルの共有は避けて下さい。

浄土真宗(大谷派)

4/17に、宗派としての指針を公開しています。内容は概ね前述の指針と同一ですが、「自己管理をして自らが感染者とならぬように留意すること」「差別や風評被害が広がらぬように留意すること」まで述べているのが特徴です。

法要(葬儀・法事等)における新型コロナウイルス感染症の感染防止に向けての宗派指針

1. 法要前には必ず、手洗い・手指の消毒を厳守ください。また、参列者にも同様に手洗い・手指の消毒を徹底いただくよう依頼ください。

2. 常に咳エチケットを心掛けるとともに、勤行・読経の際にもマスクを着用ください。また、参列者にも同様にマスクの着用を徹底いただくよう依頼ください。

3. 感染リスクを減らすため、3つの「密」を避けてください。

① 「密閉空間」を避けるために、できるだけ換気をしてください。

② 「密集場所」を避けるために、参列者にできるだけ間隔をあけて着席するよう促してください。また、お焼香も間隔をあけるよう配慮ください。

③ 「密接場面」を避けるために、間近での会話や対面による会話を可能な限り、避けてください。※法話は一定の距離(2メートル以上)をあけてください。

4. 法要終了後のお斎(会食)は控えてください。

5. 37.5℃以上の発熱や体調の優れない方には、法要への参列を控えていただくよう依頼ください。

6. 新型コロナウイルス感染症で亡くなられた方の通夜・葬儀等を執り行うにあたっては、  国の方針(※厚生労働省が示す「新型コロナウイルスに関するQ&A(関連業種の方向け)令和2年4月15日時点版、3.遺体等を取り扱う方へ」等)を踏まえた上で医療機関や葬祭場とも連携をし、感染防止のための衛生対策に努めてください。

7. 日常的な自己管理を徹底し、感染症の媒介者とならないように留意ください。

8. 新型コロナウイルス感染症への対処法を正しく理解し実行することで、差別や風評被害が広がらないように努めてください。

浄土宗

4/9に、浄土宗総合研究所が「新型コロナウイルス感染症でお亡くなりになられた方の葬儀式等について/法要等の執行にあたってのガイドライン」を公開しています。こちらは、感染予防対策を伝えている他に、葬儀は『新型コロナウイルスという人類が初めて遭遇したウイルスへの対応を考える中で、浄土宗としての葬儀式の基本さえ実現できるならば、葬儀式執行の変更は許容できるものと考えられます。』と、非常時であるから柔軟に考えて良いとしています。また、『遺族の心情に寄り添うことを忘れないこと』と心構えも説いています。

【法事・葬儀にあたって】

① 参加者(会葬者)の座席間隔を空ける。

② お焼香の間隔を空ける。

③ 十分な換気を行う。

④ 儀式・法話時間の短縮

⑤ 導師と参加者間に十分な距離を取る

【寺が感染源にならないために】

① 僧侶、僧侶の家族および寺の職員は3つの密が重なるような場所を避けて行動する。

② 毎日、体温測定を行う。

③ 手洗い・うがいを励行する。

④ 自坊をはじめ建物に入るときには、アルコール除菌剤による手・指消毒を行う。

⑤ 発熱、咳、息苦しさ、強いだるさ、味覚・臭覚障害等がある場合は活動しない。

キリスト教

カトリック、プロテスタントともに、宗派ではなく各教区に判斷を委ねているようです。仏教各派のように指針やガイドラインを定めているところは見当たりませんでした。ただし、多くの教会が公開ミサを中止する中で、葬儀については「十分な感染予防対策を施した上で執り行う」としているようです。

神道(神社)

神社庁の公式ウェブサイトでは、各都道府県神社庁に委ねるとしていますが、東京都神社庁が『管内神社に対し、授与品、諸祈願の取り扱い等について、基本的には自粛や延期を旨とし、各神社において検討し判断の上、対応するよう通知』とあるだけで、大阪府神社庁、京都府神社庁の公式ウェブサイトでは、新型コロナに関連するお知らせが何もありませんでした。