終活Style ごじょクル

冠婚葬祭に関する豆知識など、
様々なお役立ち情報をお届けします。

powered by ごじょクル
  • Facebook
  • Twitter

杵築市(大分県)が終活川柳を公募中

2018年08月24日

 大分県の杵築市は、「きつき終活応援プロジェクト」を立ち上げて、市として市民の終活を支援しています。その第1弾として2017年11月には市オリジナルの「きつきネバーエンディングノート」というエンディングノートを作成し、無料で配布。市内外から大きな反響がありました。その反響を受けて第2弾として実施するのが、川柳の公募です。募集締め切りが2018年8月31日とあまり時間がないですが、ご紹介したいと思います。

自治体の公募は初めて

 以前の記事でも紹介した「ゆいごん川柳」のように、民間団体や出版社による同様の川柳公募はありましたが、自治体による公募は初めてだそうです。市では、市民だけでなく広く市外からも募っています。優秀作品に選ばれると、杵築市の特産品が贈呈されるそうですので、ひとつチャレンジしてみてはいかがでしょうか。杵築の特産品というと、ちりめんじゃこ、豊後牛、苺、きつき茶など美味しそうな物がたくさんありますよ。

募集要領

  1. 募集作品

五・七・五の十七音の形式で「終活」にまつわるエピソードや日頃の思いを表現した、共感性の高い作品。

(作品例)「終活は 生きる上での 未来地図」

 

  1. 募集条件

・募集作品は一人1点までです。

・募集作品は応募者または第三者の個人情報が含まれていないものに限ります。

 

  1. 募集方法

各庁舎窓口で配布する専用用紙(市のホームページからダウンロードも可能)に記入し、医療介護連携課に郵送またはファックス、メールでお送りいただくか、直接お持ちください。

 

  1. 募集締め切り

2018年8月31日(金曜日)締切

 

  • 杵築市ホームページ「きつき終活川柳五・七・五」

https://www.city.kitsuki.lg.jp/soshiki/1/iryou/syukatsu/4187.html

キーワード: