互助会のポータルサイトごじょクルは、大切なご家族を守るために、冠婚葬祭の積立やセレモニーのご準備をお手伝いをいたします。

  • 互助会を探す
  • 互助会資料請求

互助会契約プラン紹介講座|互助会講座Vol.2

互助知子の互助会講座 VOl.2 増え続ける要望…家族葬とは? みなさんこんにちは!互助知子です。互助会の仕組みってちょっと難しくて疑問がいっぱい。そんな疑問を解消するために、知子と一緒に勉強していきましょう!

互助知子の互助会講座 VOl.2 増え続ける要望…家族葬とは? みなさんこんにちは!互助知子です。互助会の仕組みってちょっと難しくて疑問がいっぱい。そんな疑問を解消するために、知子と一緒に勉強していきましょう!

最近人気の「家族葬」とは?
Q
互助知子の疑問
最近「家族葬」が人気だって聞いてるけど、
「家族葬」って何?
答え
明確な定義はありません。一般的には家族や近親者のみで行う葬儀のことを「家族葬」と呼んでいます。あまり大げさにしたくない、家族や近親者だけでゆっくりとお別れしたいと考える人たちが「家族葬」を希望することが多いようです。
A
Q
互助知子の疑問
「家族葬」にすると費用が抑えられるの?
答え
実は、一概にそうとは言い切れません。会葬者を呼ばなければ返礼品などは必要ありませんが、お香典をいただくこともありません。棺や祭壇、霊柩車など葬儀に最低限必要な費用は家族葬でも一般の葬儀でも同様であるため、むしろ負担が大きくなってしまうケースもあるのです。見積などをしっかり確認した上で選択することが大切です。
A
Q
互助知子の疑問
単純に費用が抑えられるというわけじゃないのね!
じゃあどうしてみんな家族葬にしたがるのかしら?
答え
「家族葬」だと会葬者の対応に追われることがないため、本当に故人を知る人たちだけでゆっくりと故人とのお別れを惜しむという利点があります。
A
Q
互助知子の疑問
それはいいわね!
でも会葬者を1人も呼ばなくても問題ないのかしら?
答え
故人の死を知った故人の友人・知人や親戚が、後日自宅を訪れることがあります。一般的な葬儀を行っていれば1~2日で済んだはずの対応が、葬儀後、何日も続くことになったという声も寄せられます。故人の交友関係をよく考えてから選択されると良いでしょう。
A
Q
互助知子の疑問
う~ん。考えなければいけないことが多くて
どうすればいいか悩んでしまうわ。
答え
まずはなぜ家族葬を希望されるのか。費用面、会葬者との対応面など担当者にご相談ください。現状を把握した上で、過去の経験や実績から最善のアドバイスをいたします。その上で家族葬をなさる方も、一般の葬儀に切り替える方もいらっしゃいます。
A
家族葬を選ぶ時のポイント
家族葬のよいところ
  • 家族だけでゆっくりと故人との別れを惜しむことができる。
  • 会葬者への連絡、通夜振る舞いの用意、返礼品などの手配をしなくて済む、わずらわしい対応がない。
検討すべきところ
  • 単純に費用が抑えられるとは限らない。
  • 故人の友人・知人が後日お焼香に訪れることも。その対応も予定する必要がある。
互助会講座一覧へもどる