互助会のポータルサイトごじょクルは、大切なご家族を守るために、冠婚葬祭の積立やセレモニーのご準備をお手伝いをいたします。

  • 互助会を探す
  • 互助会資料請求

カウントダウンウエディング

結婚の意志が固まったら、すぐに行動を。
ここでは、まず結婚のためにやることを挙げています。

6か月前

1. 親への挨拶
結婚を決めたら、まずは双方の親へ挨拶に行きましょう。順番はどちらからでもOK。
2.結納、結婚式の日程を決める
大安吉日の午前中が好まれ、末広がりが良いという理由から8や6のつく日に…と言う人も多いようです。両親や親族の要望を聞きながら、結婚式や披露宴の日取りを決めましょう。
3.仲人について検討する
最近では、仲人を立てる人と立てない人の割合はほぼ半々と言います。仲人を立てるか立てないか、立てるなら誰にするか決めましょう。
4.婚約、結納を行なう
結婚の約束を正式に交します。基本的には結納を行ないます。地域などによってやり方が違うので、良くふたりで相談しましょう。結納の代わりに両家の食事会を行うこともあります。
5.挙式・披露宴スタイルを決める
まず、挙式や披露宴のイメージを決めましょう。式のスタイルは大きく分けて、神前式、教会式、人前式の3つ。その中から、ふたりの夢や両親の意見、家の宗教などを考えて決めます。
6.会場・予算を決める
まずは、資料を取り寄せます。ふたりの行いたい挙式・披露宴スタイルと、集めた情報を参考に招待客数と予算の目安をつけます。目星をつけたら、実際に会場に足を運んで下見をしましょう。ブライダルフェアもおすすめです。その後、仮予約を入れ、両親なども納得したら正式に申し込みます。