互助会のポータルサイトごじょクルは、大切なご家族を守るために、冠婚葬祭の積立やセレモニーのご準備をお手伝いをいたします。

  • 互助会を探す
  • 互助会資料請求

宮城の互助会・冠婚葬祭互助会

宮城県にお住まいの方が加入できる冠婚葬祭互助会の一覧です。ごじょクルから、互助会への一括資料請求や入会申込みも可能です。結婚、葬儀のご準備を考えている方、葬儀費用や互助会をご検討の方はまず資料をご請求ください。

株式会社ベルコ

宮城で入会できる互助会は、 「株式会社ベルコ」 です。互助会は入会即日から権利が発生します。
宮城で冠婚葬祭のセレモニーをお考えのかたは、お急ぎの方もじっくり準備したい方も冠婚葬祭互助会へまずは資料をご請求ください。ごじょクルから各互助会へ資料請求はもちろん、ネットから入会のお申込も可能です。

宮城県の葬儀・お葬式の特徴と風習

宮城県の県内の一部では頭に死装束の三角巾をまく風習がまだ残っています。お化け屋敷などで幽霊がつけている、白い三角の布を頭につけて出棺に立ち会います。男性は白い三角巾、女性は白い頭巾をつけます。
また忌事の際に近隣の住民10世帯ほどが集まった組織が、お葬式のお手伝いをするという風習もあります。昔は全国各地でも近隣住宅世帯を集めた組織はありましたが、最近ではなかなか見られず、前述の風習と共に宮城県では昔の風習や慣習が色濃く残るようです。

宮城県の結婚式の特徴と風習

宮城県の結婚式では民謡の「宮城長持ち」が流れ、それに合わせて長持ち・提灯と共に新郎新婦が入場する風習があります。今では、新郎新婦入場を華やかな音楽をBGMに入場することが多いため、他の地域の人にとっては、民謡での入場という特徴的な結婚式です。
また結婚前の結納では、嫁にもらう側である新郎側は新婦側に対して「貰受状」という文書で嫁に貰う事を意思表示し、対して新婦側は「進参状」で嫁にやりますという文書のやりとりがあります。これは江戸時代からの風習らしく、デパートなどでもこの文書が取り扱われています。

各都道府県の互助会

互助会を探す