互助会のポータルサイトごじょクルは、大切なご家族を守るために、冠婚葬祭の積立やセレモニーのご準備をお手伝いをいたします。

  • 互助会を探す
  • 互助会資料請求

無料見学会には為になる情報が満載

無料見学会へ行こう!

今回は葬祭場の無料見学会について。 実は今、葬祭場では積極的に無料見学会や相談会を実施するところが増えています。
無料見学会の内容は、場所によっていろいろです。基本的には、葬蔡場の施設見学がメインとなります。どのくらいの広さか、雰囲気はどうか、設備は?などを確認することができます。
その他にも、仏事の相談会が行われたり、葬式の疑問に答えてもらえたりもします。また、法事のときに振舞われる料理を試食できるところもあるようです。簡易の見積もりを作ってくれたり、プランを立ててくれたりするところもありますから、プランが気に入れば、葬儀の生前予約をすることもできます。

日本では、古来から死は縁起が悪いものとされてきました。そのため、生きているときに死後のことを話すことは縁起が悪いとされ、嫌がられてきた傾向があります。そんな状態ですから、葬儀のことはギリギリまで考えられることがありませんでした。 しかし、それも今ではずいぶんと変わってきているようです。その理由として自分らしいお葬式をしたい、死後に遺族に迷惑をかけたくないという気持ちを持つ人が増えてきたからだと言われています。

「生前見積」でイメージをつかむとギャップが少ない

実際、生前にお葬式の見積もりを取ったり、葬儀について葬儀社に問い合わせる「生前見積」を行う人が増えているようです。
しかし、この葬蔡場の無料見学会について知らない方がまだ多いようです。参加すれば、より具体的に葬儀について決められますから、前もって葬儀の準備をしておきたい人には、ぜひ利用して欲しいものです。

また、これは本人だけの問題ではありません。お葬式は突然のことが多いので、精神的動揺や忙しさからバタバタと葬儀の準備を行うことが多いのが現状です。そのため、葬儀社の言いなりになってしまい、家族や故人の考えが十分に反映されないことも多かったようです。
しかし、無料見学会に行き、見積もりを取ったりすることで、こういった危険も減ります。故人らしくない葬儀になってしまった、思い通りの葬儀ができなかったなどの後悔を減らすことができるのです。

祭壇や会場の大きさを見たり、料理の内容を実際に見ることで、きちんとした葬儀のイメージを持つことができます。そうすれば、より「自分はこうしたい」「もっとこういうことをしてほしい」等の思いもわいてきますから、納得のいく葬儀をすることができるようになるはずです。どんな葬儀がよいのか、祭壇のデザインはどうするか、写真、棺、骨壷などを前もって選ぶこともできますし、場所によっては骨壷を自分で作れることもあるのだとか。余裕があるうちにきちんと葬儀について考えることは、自分にとっても家族にとっても大切なことなのではないでしょうか。

こういった見学会は、ほとんどが無料で行われていますから、納得のいく葬儀をしたい人は一度のぞいてみるとよいでしょう。ただし、予約が必要なことが多いので、一度葬祭場に問い合わせることをお忘れなく。