互助会のポータルサイトごじょクルは、大切なご家族を守るために、冠婚葬祭の積立やセレモニーのご準備をお手伝いをいたします。

  • 互助会を探す
  • 互助会資料請求

喪中の新年の過ごし方

喪中のお正月は、どのように過ごせばよいのか悩むところです。 そこで、この場で喪中の新年の過ごし方をきちんと確認しておきましょう。

年賀欠礼

まず最初に行うのが年賀欠礼(喪中はがきとも呼びます)を出すことです。喪中には年賀状は出さないということになっていますから、まずはそれをお世話になっている人に伝えるのがこの年賀欠礼です。

「喪中につき年末年始のご挨拶を遠慮させていただきます」と言った文面のはがきを年賀郵便の受付が始まる前までに相手に届くように出します。
年賀欠礼が間に合わない場合や、こちらからは出せないけれど毎年のご挨拶行事としていただけるものはきちんと受け入れたいと思っているようなら、年が明けてからはがきを出すこともあるようです。この場合は、一月七日の松の内が過ぎてから、「喪中で挨拶を失礼しました」ということを書き添えた寒中見舞いを出すようにするのが理想的です。

新年の迎え方

次に気になるのが、新年の過ごし方です。喪中と言うのは、故人の冥福を祈っているということを、親しい人だけではなくその他の人にもわかるようにすることが求められます。そのため、いつもは門松を出したり、しめ縄をしたりする家庭も喪中の時期は控えるようにします。鏡餅などの家の飾りも同様です。 お祝いは一切しないので正月料理の準備もせず、いつもどおりに過ごすようにしましょう。お屠蘇を飲んだり、お祝いの言葉を述べるようなこともせず、お祝いムードは出さないようにしていくのが一般的です。

神社や仏閣への初詣や年始のご挨拶なども控えるようにします。基本的に、喪中は招待を受けたとしてもなるべく慶事は控えます。親しい人の結婚式などでも、少なくとも四十九日まではお断りするのが一般的です。

墓参り

こういった新年のお祝いをしない代わりに、きちんとしていきたいものがあります。それがお墓への初参りです。
喪中の初詣は原則的に慎むべきだとされていますが、お墓参りは喪中でもかまいません。新年のお墓参りは普段以上に大切な行事だと考える人もいるようです。
この場合、お墓の掃除などは暮れのうちに済ませておいて、故人がきれいなお墓で新年を越せるようにしておきましょう。 新年のお墓参りでは、その後の汚れを簡単に落とすくらいで構わないでしょう。 基本的には、松を飾ることはタブーですが、その他のことはいつもどおりで構わないとされています。

このように喪中の新年は

周りにも喪中であることを伝える
お祝い色は一切なしにする
故人のための時間を作る、お墓参りをする

ということを気をつけるようにすれば、それほど難しいものではありません。
なによりも故人を偲ぶ気持ちを大切にすることを心がけましょう。