終活Style ごじょクル

冠婚葬祭に関する豆知識など、
様々なお役立ち情報をお届けします。

powered by ごじょクル
  • Facebook
  • Twitter

2017年に亡くなった方々(海外編)

2018年01月05日

2017年に亡くなった方の海外編です。日本編同様に、選定基準に筆者の知識、興味の偏りがあることをご容赦ください。略歴と簡単なエピソードとともにご紹介し、お悔やみの場とさせていただきます。

2017年1月31日逝去

ジョン・ウェットンさん ロックミュージシャン 享年67歳

イギリス出身のベーシストでありボーカリストです。キング・クリムゾン、ロキシー・ミュージック、U.K.など数多くのバンドで活躍しましたが、最も彼自身が売れたのは、1980年代前半から晩年まで、断続的に活動していたエイジアです。当時のプログレッシブ・ロック界のスーパースターを集めたバンドは、日本でも大ヒットしています。2007年に13年ぶりに日本講演で来日したとき「随分太った」という印象がありました。当時から心臓疾患を患っていたようですが、死因は大腸癌でした。

2017年2月12日逝去

アル・ジャロウさん ジャズボーカリスト 享年76歳

1970年代後半から1980年にかけて活躍したジャズミュージシャンです。ジャズだけでなく、ポップス、R&Bも手がけ、アメリカグラミー賞ではジャズ、ポップス、R&Bの3部門でボーカル賞を受賞しています。

2017年3月18日逝去

チャック・ベリーさん ロックンロールミュージシャン 享年90歳

ロックンロールの創始者の1人で「ロック界のレジェンド」と言われています。1950年代にアメリカで発祥したロックンロールは1960年代後半から「ロック」という呼称が一般的(ロックはロックンロールが進化した新しいサウンドとも言われています)となりました。チャック・ベリーは80歳を超えてもステージに上がり続けていました。元ビートルズの故ジョン・レノンも敬愛していたそうです。

2017年4月26日逝去

ジョナサン・デミさん 映画監督 享年73歳

『羊たちの沈黙』の監督です。この作品で、ベルリンとアカデミーの監督賞を受賞しています。『羊たちの沈黙』が強烈な印象で、巨匠というイメージをもっていたんですが、振り返ってみると他にこれといった作品が多くはなかったことに気が付きました。もう1作あげるとしたら、トム・ハンクスがアカデミー主演男優賞を受賞した『フィラデルフィア』でしょうか。一部から一発屋と揶揄されたこともあったそうです。

2017年5月23日逝去

ロジャー・ムーアさん 俳優 享年89歳

『007シリーズ』の3代目ジェームズ・ボンドです。1973年公開の『007死ぬのは奴らだ』でボンドデビューし、当時人気が低迷しかかっていた『007シリーズ』を立て直した中興の祖ともいわれています。1985年公開の『007美しき獲物たち』まで7作品に出演していますが、残念ながらボンド以外には印象的な作品が多くはありません。個人的には『ワイルドギース』という作品が好きでした。

2017年7月16日逝去

ジョージ・A・ロメロさん 映画監督 享年77歳

ゾンビ映画の第一人者というか、ゾンビ映画を一大ジャンルにまでしたフロントランナーでした。1978年に公開された『ゾンビ』は、B級映画(低予算)ながら全世界で大ヒット。デビュー作である1968年公開の『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』はゾンビ映画の記念碑的作品と称されています。他ジャンルのメガホンをとったこともあるようですが、ジョージ・A・ロメロ=B級(カルト)ホラーの印象があまりにも強いですね。

2017年7月27日逝去

サム・シェパードさん 脚本家、俳優 享年73歳

アメリカの渋いバイプレーヤーともいえる役者でした。本職は脚本家で、ヴィム・ヴェンダース監督のロード・ムービー『パリ、デキサス』の脚本を書いています。俳優としての代表作は『ライトスタッフ』のチャック・イェーガー役でしょう。アカデミー助演男優賞にノミネートもされました。口数が少ないイェーガーの低いけど通る声が、今でも耳に残っています。

2017年8月26日逝去

トビー・フーパーさん 映画監督 享年74歳

また1人ホラーの巨匠が亡くなりました。1974年に『悪魔のいけにえ』で監督デビュー。1970年代後半から、スプラッターホラー映画を全世界に広げた1人でもあります。他ジャンルは手がけていないので、ジョージ・A・ロメロ同様に一部の人以外には知られていないかもしれませんね。個人的にはスプラッターではない『ポルダーガイスト』が一推しです。初めて観た時に受けた衝撃を今でも覚えています。

2017年9月3日逝去

ウォルター・ベッカーさん ロックギタリスト 享年67歳

ドナルド・フェイゲンと組んだバンド「スティーリー・ダン」のギタリストです。スティーリー・ダンは、ジャンルとすればロックですが、ジャズやR&Bの要素も持つ独特の世界観を持ち、多くのミュージシャンに影響を与えたとされているバンドです。1981年にスティーリー・ダンを解散した後は、音楽プロデューサーとして活動していました。

2017年9月17日逝

デーブ・ヒルトンさん 元プロ野球(MLB、NPB)選手 享年67歳

ヤクルトと阪神に在籍した外国人助っ人です。背中を屈めた極端なクラウチングスタイルの打撃フォームを思い出す人もいるのではないでしょうか。1978年のヤクルト球団創設初優勝に大きく貢献しました。しかし1979年は成績が低迷し自由契約に。次の1980年に阪神と契約しますが、打撃不振のため途中で解雇されました。

2017年11月18日逝去

マルコム・ヤングさん ロックミュージシャン 享年64歳

代表的なヘビィメタルバンド、AC/DCのギタリストです。弟であるアンガス・ヤングとのコンビネーションは最高と言われていました。マルコムは2014年に認知症を患いバンドを脱退しています。

2017年11月19日逝去

ヤナ・ノボトナさん プロテニス選手 享年49歳

チェコ出身の女子テニスプレーヤーです。世界ランク最高位は2位、ウインブルドンで1998年に優勝しています。ダブルスの名手として知られ、4大大会では12回の優勝を誇っています。死因は乳癌でした。

 

ご紹介できなかった多くの方がいらっしゃることを、謹んでお詫びします。その方々を含めて、心よりご冥福をお祈り申し上げます。

国内編、海外編を通して2017年は、誰でも知っているという方の訃報が少なかったように思います。

キーワード: