互助会のポータルサイトごじょクルは、大切なご家族を守るために、冠婚葬祭の積立やセレモニーのご準備をお手伝いをいたします。

  • 互助会を探す
  • 互助会資料請求

関係から分かる葬儀マニュアル

まずはどうする!?知りたい準備編

親族:できる限りのお手伝いをしながら、遺族をサポート。

親族の場合、通夜、葬儀両方に出席するのが良いでしょう。仮通夜が行われる場合は、できるだけ参列を心がけて。事情があってどうしても難しければ、通夜と葬儀のみでも無礼にはあたりません。

服装

最近では通夜と葬儀の服装の堺が無くなり、どちらも喪服を着用する人が増えています。親族は家族の次に故人に近い立場になりますから、通夜から正式な服装をしたほうが無難でしょう。

望ましい服装

【男性】
ブラックフォーマルスーツ。
【女性】
黒いワンピース。襟元が開いていないデザインで、長袖が原則。
ネクタイ 黒。黒以外はグレーなどでも避ける。
アクセサリー パールかブラックパールのネックレス。
バッグ 黒の布製が正式。小ぶりなもの、または、黒い手提げなどを別に用意。
黒。女性のヒールは3~5cm程度で

望ましくない服装

【襟ぐりが大きいもの白えり、白カフス、ひざ丈より短いスカート、サテンやレースは黒でも避ける
アクセサリー 二連のネックレス(パールでもNG)。結婚指輪以外の指輪。
バッグ エナメル素材、爬虫類素材、金飾りのもの
香典金額

香典金額

※ごじょクル参加互助会アンケートによる平均金額です。
※地域によって差があります。あくまで目安としてお考えください。

親族はその他の会葬者に比べて高い金額を包むのが一般的です。新密度によって10,000~30,000円程度を目安にしましょう。

マナー

親族の通夜・葬儀では、お茶出しなど会葬者のお世話を買って出るのが基本です。自宅葬の場合、女性はエプロンを持参しても良いでしょう。但し遺族に手伝いの要・不要を確認し、必要がなければ無理強いをする必要はありません。

弔電

親族の場合、弔電を送る例はまずありません。体調がどうしてもすぐれなかったり、海外に出張しているなどやむにやまれず出席できない場合は、まずは電話連絡を入れてから後日改めて遺族宅に伺い、お香典を手渡してお焼香を上げさせていただくと良いでしょう。

供花

親族から供花を送る場合、「孫一同」「兄弟一同」「従兄弟一同」など、共同で送るケースが多く見られます。親族の場合は、お香典+供花というのが一般的です。金額は、30,000~50,000円程度を基準に考え、人数によって調整すると良いでしょう。