互助会のポータルサイトごじょクルは、大切なご家族を守るために、冠婚葬祭の積立やセレモニーのご準備をお手伝いをいたします。

  • 互助会を探す
  • 互助会資料請求

関係から分かる葬儀マニュアル

まずはどうする!?知りたい準備編

仕事関係者またはその家族:社内であれば積極的に裏方として会場周辺の手伝いを

通夜、葬儀のいずれかに出席し、お悔やみの気持ちを伝えます。特に親しい間柄の場合は、両方に出席しても良いでしょう。事前に手伝いが必要かを確認し、求められれば受付、駐車場への誘導などを積極的に手伝いましょう。

服装

最近では通夜と葬儀の服装の堺が無くなり、どちらも喪服を着用する人が増えています。以下は正式な服装と、NGの服装になりますので参考にして下さい。

望ましい服装

【男性】
ブラックフォーマルスーツ。
【女性】
黒いワンピース。襟元が開いていないデザインで、長袖が原則。
ネクタイ 黒。黒以外はグレーなどでも避ける。
アクセサリー パールかブラックパールのネックレス。
バッグ 黒の布製が正式。小ぶりなもの、または、黒い手提げなどを別に用意。
黒。女性のヒールは3~5cm程度で

望ましくない服装

襟ぐりが大きいもの白えり、白カフス、ひざ丈より短いスカート、サテンやレースは黒でも避ける
アクセサリー 二連のネックレス(パールでもNG)。
バッグ エナメル素材、爬虫類素材、金飾りのもの
香典金額

香典金額

※ごじょクル参加互助会アンケートによる平均金額です。
※地域によって差があります。あくまで目安としてお考えください。

仕事関係の場合、3,000~5,000円程度が相場ですが、新密度が高いほど金額は多目に包んだ方が良いでしょう。目上の人間が目下の人間にお香典を包む場合は、目下の人間が目上に包むよりも少し多目に包むのが一般的です。

マナー

事情があってどちらにも出席できない場合は、弔電を打った上でお香典は郵送します。特に親しい間柄の場合は、後日持参してお線香を上げさせていただくと良いでしょう。 通夜や葬儀では後方の席に座り、家族、親族のお焼香が済んだあとにお焼香をします。

弔電

通夜にも葬儀にも参加できない場合、弔意を表すために弔電を打ちます。参加できる場合は弔電を打つ必要はありません。インターネットや電話で申し込めば、即日配達してくれ、文面のサンプルも用意されていますので安心です。
宛先は喪主の名前にするのが原則です。差出人には、名前と住所のほかに自分と故人との関係が分かる内容を入れるようにしましょう。●●株式会社 営業部などです。

供花

仕事関係での葬儀に供花を送る場合は、会社名、または部署名などで送るようにします。部署内の同僚の連盟などでも問題ありませんが、あまり多くの人間の名前を記載する場合は「●●他一同」にすると良いでしょう。供花や供物を贈った場合は、さらに香典を持参する必要はないとされていますが、実際には立場上から持っていくことがほとんどです。